Happy Life

私が月20万貯金する理由

こんにちは!ミリー(@milliean1986)です。

前回、カナダのレストランで働いて月20万貯金しています。という話をしました。

https://millie-vanblog.com/canada-saving-money/

たくさんの方に読んでいただいたみたいで、ありがとうございました!

お金がなくてワーホリに行こうか迷っている方、お金を貯めるまでワーホリに行けないと思ってる方、安心してください!

ワーキングホリデービザの働けるという利点を利用すれば、貯金がなくても何とかやっていけます。

あわよくば逆に貯金を作って旅にも行けます。

ちょっと話がそれました。

私がなぜこんなにせっせと貯金しているか?

貯金 理由

答えは・・・

私には夢があるからです。

それは、なるはやで経済的自由人になること。

そして、その中の夢の1つ

B&Bを経営して、ミニマムでオーガニックな空間を提供する

という夢を実現させたいからです。

幸せとお金

お金 成功 幸せ人はお金が全てじゃないといいますが、人生における幸せとお金はとても密接に関係していると私は思います。

お金で解決できる問題があることも、お金がないとやれないことがあることも悲しいかな事実です。

私は日本で呉服屋さんで働いていた時にたくさんのお客さんと接してきました。

その時に強く感じたのが、お金に余裕がある人は、心にも余裕がある人が多い。

こんなことを言うと怒られるかもしれませんが、とても些細なことで気分を害されたり、ありえないクレームを言ってきたりするお客さんもいました。

そのほとんどは、あまりお金に余裕がない方のように見えました。

(もちろん、そうでない時もあります。)

その時の経験から、お金があることは人生に幸せをもたらすんだなって強く思うのです。

経済的に自由になって親孝行したい

お金 幸せ 貯金

そして、お金に余裕を持てるようになって親孝行したい、という強い想いがあります。

いつも私のやりたいことを応援してくれた両親。

2011年の東日本大地震が起こった時、数えきれない人が一瞬で亡くなっていきました。

人はいつ死ぬか分からないんだな、と芯から感じました。

津波だけに限りません。

病気や事故にあう可能性はいつでもあります。

後で後悔したくない。

どうやって恩返ししたらいいのか、親孝行したらいいのか、よくわかりませんが一刻も早く何かで返したい。

だから、なるはやで経済的自由人になりたいのです。

2人とも旅行が好きなので、いろんなところに一緒に行きたい。

美味しいものを食べさせてあげたい。

なるはやで

お金

この、なるはやというのは、ホリエモンこと堀江貴文さんの考えを聞いた事も関係しています。

どこで知ったか忘れましたが、

夢を叶えるのにいちいち期限なんてもうける必要があるのか?

本当にそれをやりたかったら、○○までとか決めなくて、なるはやで叶えたらいいじゃん。

と言ってあったのです。

ほんとにその通りだな!って思ったんです。

それまでは45歳までに〜とか思っていたのですが、あと15年もあるから〜と思ったら、きっとその夢はずっと叶わないまま、薄れていってしまうかもしれません。

なるはやで目標達成するにはどうすればいいか?

そこを考えることが重要なんだと思います。

自分のビジネスを持て

ビジネス オンライン 成功

ユダヤ人メンターのおじぃにもよく言われます。

自分のビジネスを持ちなさい!と。

私の大好きな本田健さんの本にも、経済的に自由になるには、とにかく収入を増やすことは重要だと書いてありました。

私は女なので、パートナーの収入にも頼ることができると思いますが、何となく違う気がしています。

私は自分で何らかのビジネスを持ちたい。

それが、家族で運営できるB&Bだったらいいなぁと思ったのです。

まだまだ知識も資金もないのですが、淡々と準備をしています。

資産運用などのマネーリテラシーも身につけたいと思っています。

ビジネスをするにも、投資をするにも、元手が必要です。

銀行に借りることも出来るかもしれませんが、出来るだけ頼りたくない。

そこで、せっせとカナダで働いて貯金をしているわけです。

おわりに

とりとめもなくダラダラと私の思いを書いてしまいましたが、きっと私と同じように経済的自由人になって、時間からもお金からも自由になりたい方は多いのではないかと思います。

とにかく自由がほしい。

好きな時に好きな人と好きなところで暮らしたい。

どうすればそこにたどり着けるのか、日々試行錯誤してトライしていくしかないと思っています。

ブログもその試行錯誤の1つ。

私にとっては全く新しいチャレンジです。

これから、その道のりをシェアしていけたらと思っています。

ダラダラと書いてしまってすみません。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました🙏💓

それではまた〜

millie

Twitter @milliean1986

Instagram @milliean1986

フォロー・コメントはご自由に🙏🌈🇨🇦