バンクーバー生活

【海外でトラブル】カナダで大ケガ泣 手を2針ぬう

こんにちは!ミリー(@milliean1986)です。

カナダに来ていろんなトラブルにみまわれた私。

前回も私のトラブルをシェアしましたが、

https://millie-vanblog.com/abroad-wasnt-having-period/

まだまだ私の不幸話は続きます…笑

※注意
痛い話が苦手な人は読まないでください。

ゴミを捨てて戻ってきたら手が血まみれ

日本食レストランでアルバイトをしていた時のこと、ランチタイムが終わって片付け作業中に、ゴミを捨てに行きました。

バンクーバーでは、外に大きなゴミ回収ボックスがあってそこにゴミを捨てます。

その日はけっこう大きいゴミ袋を2つ持っていき、ボックスのフタをあけ、よいしょっと袋を投げ入れました。

そして、そのままお店に戻ったのですが、

ふと手を見ると手が血まみれで真っ赤っか。

え?!なんで?

どこでどうこうなったのか、全く気づきませんでした。

とりあえず職場の人に「手切っちゃったみたいです💦ばんそうこうありますか?」

と聞いたら、その方も「えぇっ?!どーしたの?!ヤバいじゃん!」

と焦るほどの出血…
とりあえず水で血を流して消毒することに。

よく見ると、左手の甲の小指のつけね辺りが1センチくらいパックリ切れていて、けっこう深い(;_;)

職場の方に「けっこう深いね〜…病院行ってぬってもらう?」

と言われました。

私は今までたいしたケガもせずに生きてきたので、その言葉を聞いてかなり動揺しました。

えぇー病院?ぬうの?…まじかぁ💦

ちょっと迷いましたが、
そのまま放置しててもくっつくと思うけど、ぬったほうが治りが早いと思う、と言われて病院に行くことに。

職場の社員さんがついてきてくれました。

カナダに来てはじめての病院

行ったのはBurrard(バラード)ストリートにある、St.Paul’s Hospital (セントポール病院)の緊急外来です。

以前イルミネーションを見に来たことがあったのですが、その時はまさかこんな形で又ここを訪れるとは…って感じでした^^;

セントポールのイルミネーション2セントポールのイルミネーション

こんな感じで冬は病院の外壁がイルミネーションで飾られます^ ^

受付をして事情を説明して待合室で待っていたのですが、さすがカナダ、ヤバそうな人がいっぱい(;_;)

どこでそんなケガしたの?(;_;)って思うような人やまさに薬中毒って感じの人など…

そんな人にビビりながらも今から手をぬわれるんだー…と緊張。。。

1時間以上待たされる

待ってる人はそんなにいないような気がしたのですが、めちゃくちゃ待たされました。

まぁしょうがないのかもしれませんが、1時間も待たされたら、さすがに冷静になってきました笑

逆にこわいよ!アドレナリン出てるうちにやってもらいたいよ!って感じでしたが、痛みは不思議と全然なかったです。

やっと診察室に通される

だいーぶ待ってやっと通されたのですが、最初は男性のドクターと問診をしました。

こうこうこういう事情で手を切った。何で手を切ったかわからない。と説明しました。

破傷風の予防接種してますか?と聞かれて、覚えてなかったので、多分してないです。と答えました。

ゴミを捨てた時に、袋の中の物で切ったのかもしれないので、破傷風の注射もしてもらうことになりました。

「ちょっと待ってね」と言われた後、若い女性のドクターが来て、処置をしてくれました。

「まずは麻酔をしてからぬうから、痛くないと思うよ^ ^」

と説明されました。ちょっと安心。

注射器みたいなものを準備しててなんだろう?と思ってたら、

「手を見ないでね」と言われました。

「OK!」見たくないし(;_;)私は注射の針が刺さるのも痛くて見れない位なので(;_;)

感覚的には、たぶん注射器で麻酔液をかけてた感じだと思います。

チクっとはしませんでした。

そのあと何か手を指でさわられてる感じがして〜…

「It’s done (終わったよ)!」

え?うそ!もう終わった??全然痛くなかった!

めちゃくちゃはやかったです。上手なドクターでよかった。

その後おばちゃん看護師さんみたいな人がきて、ぬったあとを見て

「Beautiful ! 」と言われました。

あ、ありがとうございます。よかったです笑

おばちゃんがばんそうこう貼ってあげるね〜と行って探しに行くも中々ちょうどいいものがなく、何回か試したのちピッタリのばんそうこうを発見!

「やっとちょうどいいのが見つかったわよー!アッハッハー」とめちゃ陽気。

こういうカナダ人のおばちゃん、よくいます笑

だから1時間も待たされたのかな〜とか思いながら、おばちゃんが陽気すぎて憎めません。

そのおばちゃんが「多めにあげとくね!」と言って、ばんそうこうをガサっとつかんで渡してくれました笑

破傷風の予防接種もしてもらって終了。

バンクーバーでは労災は自分で申告・申請する

病院でここに電話してクレーム(労災の申告と申請)してねと言って、電話番号を書いた紙を渡されたので、すぐに電話をかけました。

電話で英語のやりとり、ちょっと緊張しましたが何とか出来ました。

SINナンバーとか、いろいろ聞かれたと思います。

後日、もう一度電話をして、何日間仕事を休んだのか、時給はいくらなのか、等などを聞かれました。

ケガの影響で働けなかった時間分の給料も労災でおりました。

私は5日間くらい仕事を休んだので、その分の給料が(しかもその時アルバイトのかけもちしていたのですが、そちらの給料も)後日支払われました。

1週間後、抜糸

1週間後に抜糸のためにまた、セントポール病院に行きました。

この時は前回より待ちませんでした。たぶん時間帯が早かったのがよかったのかも。

若いお兄さんが処置してくれたのですが、、

これがめちゃくちゃ痛かった(;_;)

麻酔とか無しで、糸を切ってとるのですが、1週間もたってるので、もちろん糸と皮ふがくっついてるし(;_;)

小さい糸が中々取れない(;_;)

お兄さんもかなり頑張ってましたが、私は痛すぎてうぅーっとうなってかなり顔をゆがめてしまいました。

たぶん7,8分格闘して無事に抜糸終了。。。

痛かった〜(;_;)

皮ふは無事にくっつきましたが、その後跡が残るのがいやで、一生懸命アットノンやオロナインをぬりつづけました。

アットノンは一時帰国した友だちに買って来てもらいました^^;

今はそのケガをして2年ほど経ちましたが、跡が目立たなくなったのでよかったです。

アットノンすごい!!

まとめ

当たり前ですが、ケガはしないに越したことないですね。

日本で一度も大きなケガをしたことなかった私が、カナダでこんなことになるなんて…

やっぱり何が起こるかわかりませんね^^;

こちらの労災は自分でクレームしなければならないので、けっこう面倒です。

その後もずっとお手紙等が届いていました。

せっかくの海外生活なのに、ケガをするとテンション下がっちゃうので、みなさんはくれぐれもお気をつけください!

ケガをして強くなったミリーでした!

それではまた〜

millie

Twitter @milliean1986

Instagram @milliean1986

フォロー・コメント大歓迎です🌈🇨🇦