Happy Life

バンクーバーからキューバに弾丸1人旅 アラサー女が見たキューバの魅力

こんにちは!ミリー(@milliean1986)です。

キューバってどんな国かご存知ですか?

私はバレーや野球が強いというイメージを持っていたのですが、どんな所か全くイメージがありませんでした。

最近、旅行先としてキューバがアツイ!と注目をあびている国。

キューバのハバナの街並み

キューバをウィキペディアで調べてみました。

私が気になった部分は↓

アメリカ合衆国とは「アメリカ合衆国の裏庭」とも呼ばれるほど関りが深かったが、キューバ革命により、南北アメリカ大陸で初めて反米・親ソ連の社会主義政権が1959年に成立。その後は「カリブに浮かぶ赤い島」と形容されることもある。

キューバは反米の社会主義ということで、アメリカからの物資を全く受け入れていませんでした。

街にはマクドナルドなどの、どこの国にもあるようなインターナショナルブランドは全くなく、独自のカルチャーが形成されている模様。

キューバの首都ハバナの光景クラシックカーの修理

しかし、最近旅行系のサイトなどでキューバがアメリカと国交を回復して、ノスタルジックな街並みが変わるかも?!ということが言われていて、これは早く行かなければ!と気になっていました。

キューバは南北米の間に位置する、カリブ海に浮かぶ国です。

日本からはけっこう距離があるので、行くのが大変ですが、カナダからだと行きやすいです!

キューバへは、カナダのトロントから直行便が出ています。

私はバイト先のレストランに新人さんがいっぱい入ったことで、「私、働かなくてもよくない?!」と思い立って10日後に1人でキューバに行きました笑

カナダだから出来たことだと思います。

今回はそのキューバ1人旅のことをシェアしたいと思います。

カリブに浮かぶ赤い島は一体どんな場所だったのか?

日本人のアラサー女が1人で行けるところなのか?

カナダからはどのくらいで行けるのか?

わかったことを詳しくご紹介します。

*この記事はサクッと3分で読めます。



カナダからキューバいくらで行ける?

飛行機チケット

私はバンクーバーから行ったので、バンクーバー→トロント、トロント→バラデロ(キューバ)の往復でした。

1月18日→24日、飛行機のチケットを1週間前という直前に取って$570でした。

1カナダドル=85円で計算すると

往復48,450円です。安い…!

今スカイスキャナーで調べてみると、サンウィング・エアラインズというカナダの航空会社がバンクーバー⇄キューバの直行便を運航しているみたいですね!

これだと7時間で行けるみたいです。

お値段的には、最近航空券の値段が上がっているみたいであまり安くはないみたいですね・・・(悲報)

一番安いチケットはスカイスキャナー
で探すのが鉄板かと思いますので、1度チェックしてみてください!


ホテル代

キューバに行く前にバラデロのホテルだけ予約していきました。

予約は↓のサイトからしました。

https://www.cubatravelnetwork.com/

 

Booking.comでもいくつかのホテルは予約できるみたいですね!


私はなんと出発の前日に予約したので、けっこう高かったです涙

泊まったのは、Las Americas というホテルで、オールインクルーシブ2泊で$335(¥28,475)でした。

キューバのリゾート地バラデロで泊まったホテルのお部屋私が泊まったバラデロのホテルの部屋

オールインクルーシブとは?
宿泊代にレストランでの食事やバーのお酒代、そしてクラブ・ラウンジ・プールなどのアクティビティが全て含まれているプラン。
要は、ホテルでは食べ放題飲み放題です。

 

バラデロの前に首都のハバナに2泊したのですが、着いてから現地でカサという民宿を探しました。

2泊朝食付きで$40位でした。

キューバの首都ハバナのカサの様子キューバの首都ハバナで泊まった民宿(カサ)のお部屋

カサとは?
一定の基準を満たした民家が政府から許可をもらい、お部屋を観光客に貸し出すみ民泊システム。
家の前や扉に、青いイカリのマークが付いているのがカサです。

今思うと着いて初日の宿が不確定とか、めちゃくちゃチャレンジャーだったな

このカサ、実はAirbnbで予約できるみたいです!

早く知りたかった!!

キューバに入国するのに海外保険は必須なの?

これはキューバに行く前にいくつかのサイトに書いてあったことなのですが、私が実際に行った時は、入国の際に海外保険に入っているかチェックされませんでした。

絶対必要と書いてあったので、入国審査の前にバッチリと保険証書を準備して手に握っていたのですが、審査官の人に見せることなく終わってしまいました笑

でも、入っておいた方が安心だと思います。

その審査官によって見るものが異なるのは、海外ではよくあることです。

厳格で真面目な審査官だと、必要書類1枚で入国拒否されることはじゅうぶんあり得ます。

私はキューバに行った後10日間くらい、お腹をこわしていたのでなおさら、保険には入っておいた方がいいかと思います。

ちなみに私が入った保険はワールドノマドという保険です。

カナダの日本語対応の保険会社からこの保険を紹介されました。

5日間で$32(アメリカドル) ¥3,500くらいでした。

ビザ・ツーリストカード

キューバに入国するのに、ビザ(ツーリストカード)が必要です。

私はエアカナダでキューバに行ったので、ツーリストカードは飛行機の中で無料でもらうことができました。

キューバのツーリストカード エアカナダの機内でもらいました

“カリブに浮かぶ赤い島”キューバの魅力は?

キューバの首都ハバナ ツアーバスとクラシックカーが共存

私が行ったのは首都のハバナ、リゾート地のバラデロの2か所なのですが、この2つはだいぶ印象が異なりました。

首都ハバナ

キューバには50sのクラシックカーがたくさん

ハバナは昔からの街並みが残る市街地で、トゥクトゥクや50年代のアメ車、クラシックカーが街を走っていて、半世紀前にタイムスリップしたような感覚になります。

ウロウロとまち歩きをするだけでも、日本・カナダとは全く違う雰囲気の街でおもしろいです!

泊まったカサも、家具や調度品など昔のおばあちゃんの家のような感じでノスタルジックな気分になりました。

キューバの首都ハバナのカサ(民宿)で食べた朝ごはんカサで出てきた朝食

商店のようなお店にも、いろんな品物があるわけではなく量もクオリティも限られた感じです。

何でも大量にあって品質の良い日本とは全く違います。

チェ・ゲバラの肖像画は街のいろんなところで見かけました。

キューバのハバナ 有名なチェ・ゲバラハバナではチェ・ゲバラの肖像をよく見たレトロな街並みや陽気なラテンミュージックが、これぞキューバ!という感じでウロウロ歩き回って探検するのが楽しかったです。

 

リゾート地バラデロ

キューバ、バラデロのビーチ 美しいカリブ海

一方バラデロはカリブ海のコバルトブルーがまぶしい、ごりごりのリゾート地です。

細長い土地にズラーっとホテルが並んでいます。

泊まったホテルはけっこういい所だったのですが、やはり物資がないためか少し古さを感じました。

昔の日本の田舎のリゾートといった感じ。

私が行った時は帰国の日に少し激しい雨が降っていて、道路が水没していました笑

でも、海はめちゃくちゃキレイ!!

そして、何よりオールインクルーシブ最高!!

どこでもお酒飲み放題です。

キューババラデロのオールインクルーシブホテルはバーのお酒も飲み放題キューバ、バラデロのホテルはプールも使い放題 オールインクルーシブ最高

お昼は3日とも同じビュッフェのレストランで食べたのですが、いつもいるウェイターのお兄さんが私の顔を覚えてくれて、行くとオーダーしなくても自動的にビールが出てくるようになりました笑

バーでも、ダイキリやピニャコラーダなどいろんなカクテルを頼んで、ラウンジやビーチでも楽しみました^ ^

キューバのバラデロのオールインクルーシブホテルは飲み放題 これはダイキリ

オールインクルーシブのホテルはメキシコのカンクンなどにもありますよね。

いつか行ってみたいです!

バラデロでの時間は、本当にバケーションかつ自分との会話をじっくりとした3日間になりました。

日本のアラサー女お一人様が行けるところなのか?

結論として行って大分楽しめます!

ハバナは薄暗い裏通りや、夜中は怖いから歩かない方がいいですが、その他は観光地なので気を付けていれば問題ありませんでした。

バンクーバーからキューバ 首都のハバナではクラシックカーがたくさん走ってた

ハバナ2日目は夜の9時ごろまで歩いてまわって、さすがに帰り道はちょっとこわかったですが何事もなく無事に帰り着きました。

バラデロはリゾート地なので、周りはカップルやファミリーばかりですが、気にしなければ大丈夫です!笑

キューバのリゾート地バラデロで飲んだカクテル

知ってる人なんているわけないし、キューバを離れたらもう2度と会うことない人たちなので何も気にせず自由気ままに過ごせます。

しくじりから学んだこと!

今回急きょ決めた旅でかなり弾丸だったので、いくつか反省点がありました。

そこから学んだことをシェアします!

都市間移動(バラデロ空港⇄ハバナ)のバスは早めに予約するべし

オンラインで予約できるみたいなのですが、私は急すぎて予約できず、着いてからタクシーでハバナまで行きました。

たまたまカナダ人のお兄さんと空港で知り合って、もう1人英語が話せる南米の方と3人でタクシー乗り合いすることになりました。

もしその人たちがいなかったらけっこう困ったことになっていたかも、と思います。

実際、ハバナ→バラデロの移動手段も決めていなくてかなり焦りました。

結局、ホテルらしきところのサービスセンターに飛び込んで、バラデロのホテルまでのバスを予約できましたが。

もし英語を話す自信がないのだったら絶対予約して行った方がいいと思います!

都市間の移動をする場合は特に!

オフラインでも使えるマップをケータイに入れておく

私は空港でたまたま出会ったカナダ人のお兄さんがハバナのカサを紹介してくれました。

その後、街も案内してくれたのですが、何様土地勘が全くありません。

2日間目に1人でまち歩きに出て、帰ろうと思った時に軽く迷子になってしまいました(ToT)

お兄さんと話しながら歩いていたので、道をきちんと覚えてなかったんです。

カサの住所は知っていたので、ケータイのマップで場所を調べようと思ったのですが、インターネットが使えなかったので調べられませんでした涙

結局ぐるぐる歩き回って宿泊していたカサを発見したのでよかったですが、ほんとに焦りました。

なので、グーグルマップで泊まるエリアだけをダウンロードして、オフラインでも見れるようにしておく。

もしくは、オフラインでも使えるマップのアプリをゲットしておくことをオススメします!!

おわりに

10日前に急きょ決めて弾丸で行ったキューバでしたが、異国感とノスタルジックさを強く感じた旅でした。

キューバの人は優しい人が多い印象でした。

ただスペイン語が話せないので、あまりコミュニケーションが取れなかったのが残念です。

アメリカと国交を回復したら、キューバも他の国のようにどんどん近代化していくんですかね。

車も現代の新しい車が走って、マックやスタバが街中にできて、大型ショッピングモールができて・・・

これからキューバがどうなっていくのか注目したいです。

そして、今回はロンドン留学以外では、初の1人海外旅行だったのですが、自由気ままに街をぶらぶらして、好きなだけビール飲んで、めちゃくちゃ楽しかったです。

孤独を感じる時もたしかにありました笑

しかし、いま現在の自分のこと、これからのこと、いろいろと自分の心と話して考えることができました。

とても良い時間だったと思います。

1人旅はじぶん時間が無限にあるので良いですね!

機会があれば又1人旅行きたいです!


millie

Twitter @milliean1986

Instagram @milliean1986

フォロー・コメントはご自由に🙏💓🌈